はりねずみ通信

ある寿司職人のはなし

昨日は大阪で研究会があった。
そのかえり友人のT先生と一緒だったのでいろいろ話をするうち、ある寿司職人の話しになった。

T先生曰く、
「今まで行ったどんな食べ物屋さんのなかでも、最高なんです」
とのこと。週に3日しか開かず、完全予約制で、カウンターのお客さんだけ。時間になると店主が現れ寿司を握っていく。その日のメニューは完全に決まっていて、注文はできない。
その寿司を握る所作がほんとうに美しいという。
人里離れたところにあるのに、全国から人が集まるのだそうだ。

職人さんがお客さんと対面するその刹那に、すべてが凝縮されるような雰囲気を感じ、私はとても興味深く話を聞いた。
「ほとんど劇場のようです」
とT先生はいう。
寿司を握るその集中と、お客さんへのホスピタリティーが共存する場はどんなふうだろう。空想を膨らませる。

こういう話は、心の琴線に触れる。
・・ということは、私の中に職人への憧憬があるのかも。

IMG_8306
すれちがい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日