はりねずみ通信

説得力

イヴァン・フィッシャーが指揮する、ブルックナーの交響曲をCDで聴いた。
ブルックナーは重厚・長大というイメージが強いが、その演奏はとても軽快で、室内楽のようだった。

クラッシック音楽は指揮者によって解釈が違うことがあり、それが魅力でもあるが、大胆な解釈はときに失敗する。
奇をてらったり、意外性を求めると、聴いている側にもそれはバレてしまう。
ところが彼の演奏はそうではなかった。
なるほど、と腑に落ちる。説得力があるのだ。

で、ここからは人生論。
人と同じことをするのは、簡単である。
「ひとから何といわれようと、自分なりの生き方をすればよい」
とは、よく言われること。
しかし、誰かと全く違うことをして、それを他の人を説得するほどのものに作り上げることは、相応の努力が必要である。
そうでなければ「ただの変わった人」として扱われ、自己満足で終わってしまう。

説得力のある変人のことを、英雄という。

 

IMG_8709
よいばしょ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日