はりねずみ通信

見られること

大学の浪人時代、先に書いた中之島図書館で勉強した。予備校の自習室が午後6時に閉まるので、それから土佐堀川沿いを歩いて図書館に移動する。図書館は静かなので、集中できる。ところが、ときどき小声で話をする人がいたり、洟をすする音がしたりすると気になって、はかどらなかった。
わりにまわりが気になる性格なのだ。

いまは腹腔鏡手術などを、他の獣医師が見学できるように公開している。
本音を言うと、自分の性格上「合わない」行為である。
いわばまな板の上に乗るわけなので、逃げも隠れもできない。すべて見られるので、自分にとっては大きなプレッシャーになる。
ところが、続けていると、それが自分のためによいことがわかってきた。

俳優や女優さんは見られることで美しくなるというし、音楽や絵画などの芸術も人目にさらされることで洗練されてゆく。
そういう風に考えれば、人のためというより、自分のためである。

ただ、難しい手術のときには、ものすごいプレッシャーで、前日はかなりナーバスになる。けれど、そういう場面を乗り越えたときのメンタル面での達成感は大きく、自分の自信につながっている。


IMG_6254
げんきになってうれしいよ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日