はりねずみ通信

文化系の素養

医学や獣医学の分野に進むには、理科系の勉強をしなければならない。進路を考える人は、自分が文化系か理科系のどちらに属するのか、気になる人も多いかもしれない。

先日、ある医師が新聞にこんな記事を書いていた。
「医師に必要な素養は、文化系です。患者さんに説明するとき、理解できないような顔をしていたら別の言葉に置き換える。そういったことは、文化系の能力が問われます」

私も飼い主さんと話をしているとき、理詰めで会話しても伝わらないと思うことが多い。
心は言葉とつながっているので、相手の言葉に沿うように話をしないと気持ちが伝わらない。
ボディーランゲージを含めた言語を理解する能力が、獣医師には必須である。

それを考えると、自分は文化系だから医学系は無理、と諦めるのはもったいない。
そもそも、進路を決める段階では、自分を理科系か文化系かに分けることそのものが、意味がないのかもしれない。進路で理科系の知識が必要なら、あとから勉強すればいいのだから。

 

IMG_7153
みる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日