はりねずみ通信

役割を変える

昨日は他施設で腹腔鏡下胆嚢摘出術のサポートを行った。
いつもは術者として行っている手術であるが、助手として参加したのである。

主役が脇役に変わったようなものなのだが、得がたい経験だった。
脇役になると、客観的に全体を見回すことができる。この俯瞰するような感覚は、主役であるときとは異なるものである。

「役割を変える」ということは、実はとても重要なのかもしれない。
獣医師が看護師の役割をやってみる。父親が母親の役割をやってみる。先生が生徒の役割をやってみる。
視点が異なると、違った「層」がみえてくる。

よい物語や演劇では、脇役がストーリーを引き立てるという。
私も、いまはばりばり働いているが、体力が衰えたとき、若い人をサポートするような役割を担うことも出てくるだろう。

30年後。
あの動物病院に行くと用務員のような老人が、庭を掃いているが、あの人はいったい誰だろうね。
新人の人が叱られて落ち込んでいるのを励ましたり、ものを整理整頓して皆が働きやすくしたり、古くからの飼い主さんとおしゃべりしてベンチで和んだり・・・。
昔ここで働いていた獣医さんらしいよ。

fullsizeoutput_932
なかよく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日