はりねずみ通信

寿命を延ばす

臨床獣医師を長い間していると、やはり経験値が上がっているので診断力が高まり、手術もうまくなる。
だいたい40歳を過ぎる頃から、脂がのってくる、というのか色々冴え渡ってくる感じになる。
それで「よしこれから」というときに、もう数年しかバリバリ働けないことに気がつく。外科医の寿命は50歳まで、という人もいる。
いままでがんばってきたのに、惜しい。

特に内視鏡外科は、マスターするのに時間がかかる。
もっと早く始めればよかった、と思うこともあるが、機器類や環境の整備に時間がかかったのは仕方がないし、通常の開腹術や開胸術ができないと内視鏡外科もできないので、やむを得ないところ。

そこで、私の現在の立ち位置からかんがえると、いかに「延命」するか、という答えに帰結することは当然のなりゆきである。
精神と肉体を良好に維持しないと、よい仕事が続けられない。

そういうノウハウを構築すれば、他の獣医師にも役立つと思うので、来年からは延命法についていろいろ取り組んでいきたい、と思った年の瀬である。



img_9566
ひるさがり

「寿命を延ばす」への2件のフィードバック

  1. 先生こんばんは!ホントに年の瀬ですね。。
    年々気持ちを新たに!!が出来なくなってきています。。

    そうそう、この間のノンちゃん(先生の所の事故から生還した子猫)の飼い主さんが、ノンちゃん来てからいい事が沢山あったそうです!
    先生がブログに書いてらした通りだ!と喜んでいます。
    とっても可愛く、とっても賢く、ちょっぴりいたずらっ子だそうです!
    家族になれてよかったと・・・!
    私まで嬉しくなりました!

    1. きなこさん、ノンちゃんは幸運の子なので、これからもいいことが続くと思います(^^)
      幸せそうでよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日