はりねずみ通信

フィラリア症1(予防)

フィラリア症は「古くてあたらしい病気」と言っていいかもしれない。
犬を飼う人はだれでも知っている病気であり、いまでは予防されていない方は減った。でも、それがゆえに病気の重要度が下がっていて、中途半端な予防になっていることが少なくない。
この辺りの事情は、人間の結核と同じであろう。

フィラリア症のことについて、「なんとなく知っている」方は多いと思うが、基本的なことを復習したい(たまにはためになる話!)
姫路近辺では、4〜5月くらいから蚊の発生がある。予防開始はいつがいいか?答えは、5月である。
「フィラリア予防」といっても、あらかじめ予防の薬を飲ませるのではない。フィラリアの幼虫を持った蚊が、犬(や猫、猫についてはまた書きたい)を吸血すると、幼虫が体内に入る。フィラリア予防薬は、この幼虫が成虫になる途中で退治する「駆虫薬」なのである。
4月から蚊が発生していても、予防薬を飲ませるのが5月でいいのはそのためである(地区により蚊の発生時期が異なる場合もあり、早めに飲ませることもあるが)。
それから毎月飲ませていき、12月まで飲ませる。理由は、蚊が11月まで発生しているからである。

この理屈を理解していると、「暖かくなったから早く予防をしよう」と早めに予防をはじめて、10月くらいを過ぎて涼しくなってきたら予防をやめてしまう、ということが間違いであることがわかるだろう。
実際、きちんと飲ませているつもりでも、感染が確認されることがある。多くは、秋以降、投薬を忘れることによる。

明日は感染の危険について。

 

IMG_6181
いちばんながい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日