はりねずみ通信

ジェネレーション・ギャップ

人間のからだは進化してきたが、それは何百万年単位の話である。
「なかみ」のほうはキリストの時代も現代も、それほど変わらない。どういったものの考え方であるとか、何に関して心を動かされるとか。そういった人間の内面は、それほど進化していないように思う。

ところが、いつの時代もジェネレーション・ギャップというものがある。
高齢者は「いまの若者はなっとらん」と言い、若者は「高齢者は考えが古い」と思う。
大胆に一括り(ひとくくり)すると、新しいものへの順応性が歳と共に衰える、ということ。それがジェネレーション・ギャップの生まれる所以(ゆえん)であろう。

いままでやってきたことを守りたい。経験を活かして生活したい。
年配の人(私も)はそう思う。
新しい価値観は、なかなか受け入れにくい。
だから「若者は・・」となる。

特に言葉の変化は、ギャップの核心である。
なぜなら、精神は言葉によって規定されるからである。
若者が自分の知らない言葉でコミュニケーションを取っていると、「ん?」と思う。

「りょ」なんて言われたって・・。

 

IMG_8098
かくれんぼ

 

 

「ジェネレーション・ギャップ」への4件のフィードバック

  1. おはようございます
    先生、今は”り”になってます(>_<)

    息子に、お母さんの時代とは違う 昭和やなぁといわれます
    理解出来ない
    ついてけないので、古き良き時代を背負って生きていきます(’-’*)

  2. こんにちは(*^^*)
    犬友の年齢幅が広すぎてジェネレーションギャップはあまり感じませんが、きれいな日本語を使う方は年齢に関係なく、品が良いですよね。
    でもわんずに話しかけてくれる時なんかは、ラフな言葉がとても嬉しかったりします。
    それより、、、
    先生に「りょ」って答えた大胆不敵な方をシリタイ(笑)

    1. コバシさん、言葉がきれいだと品格を感じますよね。
      スタッフはぼくには若者言葉を使いませんよ、さすがに・・(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日