はりねずみ通信

くすりについて

日本は動物用医薬品が欧米より少ない。
これは近年解消されてきたが、まだまだだと思う。
米国ではアジソン病の治療薬が、動物用薬として普通に販売されている。国内ではテトラサイクリン系の動物用点眼薬もない。

国内で花形の薬剤と言えば、ノミ・ダニの予防薬や、心臓病や腎臓病に使うACE阻害剤など。
これらは各社から大量に供給されているので、名前を覚えきれないほどである。

メーカーや販売元の気持ちもわかる。
売れ筋に重点をおかないと、採算が合わないのだ。

でも臨床現場では、たとえば特発性乳び胸は稀な病気だからパス、とは言えない。
だから企業との意識のずれを感じて、すこし意見を言いたくなるのか・・。

売れ筋ばかりを追うと、市場は痩せる。
ベストセラーばかりが置いてある本屋に行っても面白くないので、読者は離れていくだろう。

そういう意味で、ニッチな薬や機材を扱っている企業には敬意を表したい。
「最も売れない薬を作った会社」を表彰するのはどうだろう。


IMG_7021
こんにちは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日