はりねずみ通信

PLDD

関東にお住まいのAさんのチワワ14歳(体重1.4kg)は、過去に椎間板ヘルニアの手術歴があり、この春より後躯麻痺の症状が再発したので、春頃より相談を受けていた。

「可能ならMRIの撮像をして送って下さい」
と伝えていたが、担当された施設ではPLDD(経皮的レーザー椎間板除圧術)という治療法について情報不足だったようで、
「手術は不可能だろうから、MRIは必要ないのでは?」
と、検査そのものができなかった、とのこと。

思いあまったAさんは、決心してわざわざこちらまで来院して下さったのだった。

IMG_8994
腰部には多発性に椎間板ヘルニアが認められた(脊髄造影、DSA)

IMG_8996
側面像

IMG_8995
背腹像

IMG_8997
頸部にもヘルニアが認められたため予防的PLDDを行う(側面像)


IMG_8998
背腹像

PLDDは万能の治療法ではないし、このたびの治療も奏功するか経過を見なければならない。
けれど、高齢であっても多発性であっても、治療の選択肢があることは伝えたいと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日