はりねずみ通信

運動について

運動法について、もう少し。
体にいいことをしよう、ということでジョギングをしたり、ラジオ体操をする。あるいは、ヨガや太極拳もある。
また、体の柔軟性が大切だと、多くのストレッチを取り入れる。
ところが、やり方によっては筋肉や靱帯に負荷をかけてしまうことがある。

健康な体、と漠然としてとらえると、筋肉や柔軟性を鍛える・・という発想になるのかもしれない。
しかし、目的は「その人が日常生活をしたり、仕事をするために必要な身体機能を持つ」「一日の生活が終わっても疲れない状態にする」ということ。
そのためには、「機能運動性を高める」ことが重要であることが、
「世界の最新医学が証明した、究極の疲れないカラダ(仲野広倫著、アチーブメント出版)」
に書かれている。
股関節の固いところをリリースすることが、腰痛を治すポイント・・など、とても合点がいく。
最近、何の気なしにこの本を読んだのだが、自分が考えてきたことが間違いではなかったと、ちょっと自信をつけたのだった。

機能運動性を高めるのに、ハードなエクササイズはいらない。
からだが固くても、スポーツすることがなくても大丈夫。ジムやプールに通う必要もない。

必要なのは、体に対する正しい知識、呼吸と関節に着目した軽運動だと思う。
あとは正しい姿勢で日常を過ごすこと、できるだけ座らないこと。
(だらっと座っている姿勢が、からだに一番悪い)



IMG_6734
ねこにはねこの健康法


 

「運動について」への1件のフィードバック

  1. 先生、こんばんは!
    とても理にかなっている運動ですね。
    天からのパワーが身体を貫きそうです。。
    今度モックさんと朝コソッと見学にいきます(笑)

    今日処方された、きんの薬、痒みが軽減されているようです。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日