はりねずみ通信

農家の人

愛知県新城市で勤務医をしていたとき、犬や猫などの小動物以外に、牛や豚などの診療も往診でしていた。

昨日のような霧の多い朝、「調子が悪い牛がいる」という連絡を受け往診車で牛舎へ向かう。中庭に車を駐め、ひとり牛舎に入ると、牛たちの体温で中は少し暖かい。すこしすると農家のSさんがやってきて、
「こいつが調子悪いんだよ」
という。診察の結果、軽いケトーシスのようだったので、鼻につけたロープを牛舎の柱にかけ、首の静脈から静脈注射を行う。牛は調子が悪くなると、耳の根っこが冷たくなる。その牛もそうだった。

治療が終わって片付けていると、Sさんはビニール袋に入れた白菜を往診車に入れ、これ食べたらいいよ、と言った
「こういう霧の多い朝は、あとは天気がよくなって、昼はあったかくなるんだ」
そう教えてくれた。

おもえば、動物たちを飼育する農家の人と知り合いになれたのは、私にとって宝である。
自然や動物のことを、私の何倍も観察し、ずいぶんいろいろなことを教えてくださった。

昨朝は霧が多かったので、お世話になった農家の人のことを思い出したのだった。

 

IMG_7393
すまこさんにいただいた折り紙を、診察室に飾ってみた。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日