はりねずみ通信

経験について2

週末にピアニスト、アンスネスのコンサートに行った。
いくつかの曲の中では、知っている曲もあるし、知らなかった曲もある。聴いていくと不思議なことに気がついた。知っている曲のほうが集中できるのである。
知らない曲は、「はじめて会った人」のようになんとなく馴染みにくい。
知っている曲は、知り合いに出会ったようなものだ。
「知り合い」のほうが、曲の繊細な表現や、音の色彩をより深く理解できるような気がする。

これは手術でも同じである。
経験したことのない手術をはじめて行う場合は、テキストや手術ビデオを何度もみて、経験した人と一緒に行うだろう。そのとき、いくらあらかじめイメージしていたとしても、実際の手術はようすが違う。ただ言われるままに手を動かすことになる。ところが、同じ手術を何例も行っていると、だんだんと馴染んでくる。そうすると、全体を見ることができるようになり、細部の理解が可能になる。

経験する、つまり「よく知っている」状態になることは、より深く洞察するのに必須のことだと思った。
では、実際の手術で経験を積めばいいのか?それは否、である。経験の浅い人が、難しい手術に「挑戦」してよいはずがない。
これが医学や獣医学のパラドックスだった。

若い人が手術を学ぶとき、あらかじめ経験できる疑似モデルをつくることが、近年医学で取り入れられている。3Dプリンタなどを使い、本物そっくりの臓器を作るのである。
そういったものを使い、あらかじめ手術を「知っている」ものにすることが、今後獣医医療でも普及すべき事柄だろう。

・・などと帰りの電車で考えていた。
あれ、なんのためにコンサートに行ったんだっけ。


 

img_9459
ゆうべ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日