はりねずみ通信

祖父が残したもの

私はもともと、自分の手の届くことがきちんとできればそれで満足なので、動物病院を大きくしていこうという気持ちはなかったし、今もない。
ただ、ここに至るまでにいくつかの転機があったことは、間違いない。
それは、この「場所」に関わっている。

ちょうど10年前に、動物病院の裏の土地が空いたことが、その転機だった。
もともとこの一帯は、祖父が鋳物工場を営んでいた跡地である。裏の場所は、他の人が鉄工所をしていたが、廃業することになり、その場所を使うことができるようになったのである。
腹腔鏡やPLDDなどの治療を模索していた頃で、スペースが必要な時期だった。あとから考えると、見事なタイミングで「場所」ができた。

それから10年が過ぎ、手術件数が多くなってきたため、今の手術室では回らなくなってきた。
そこへ、ちょうど今年に入ってから東側の土地が空くという。
いろいろ書くと長くなるので省略するが、その時期が正確に的を射たようで、奇遇に驚いている。


いまは祖父がチャンスを与えてくれたのか、と思っている。
ならば、懸命にやるしかない。

 

IMG_6762
ふかふかのおなかで

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日