はりねずみ通信

獣医を目指したわけ

こんな記事を書いてほしい、というリクエストがありましたので、書いてみます。
「私が獣医師を目指したわけ」

私の実家では、子供の時、犬猫を飼うことを禁止されていた。
(家族の誰もが動物が好きだったから、これは今でも不思議だ。たぶん世話をするのが大変と両親が判断したからであろう)
そこで、文鳥やセキセイインコを飼った。
雛の時は、頻繁に餌を与えなければならないので、小鳥を連れ歩くことも多かった。
私が小さいときのことを覚えている人は、「いつも小鳥と一緒にいる子供」と記憶しているはず。

小学校の低学年のある日。私は自分の責任でシロという名の白文鳥を傷つけてしまった。
一日看護をした(確か学校は休んだはず)が、結局亡くなってしまったのである。

その頃、二つ年上の姉が動物の医者になる、と言い始めた。私はそんな仕事があるのだと知り、影響されやすかったこともあり獣医になりたいと思った。それが確か、小学校3年の時だった。
(私は本当に感化されやすく、姉と同じ高校へ進み、同じ吹奏楽部に入った。姉は獣医師だが今は大学で研究をしている)

・・こう書くと、一途に目標に進んできたように見えるが、獣医の大学に入っても、いったい自分は何になるのか皆目見当もつかなかった。動物園、牛や豚などの大動物診療、発展途上国で役に立ちたいなど、逡巡したあげく、今の仕事に就いているのは偶然でしかないように思える。
ただ、個々の動物に向き合えること、摩訶不思議な身体のメカニズムに迫れる仕事がしたかった。

そういう意味では今の仕事は自分に適しているし、子供の頃との一貫性もあるような気もする。



IMG_0458
おはよう




 

「獣医を目指したわけ」への2件のフィードバック

  1. 金井先生、さっそくリクエストに応えて頂き、ありがとうございます(^^)。
    先生の原点は、小鳥とのかかわりだったんですね。いつか伺いたいと思っていたことでした!
    また他のトピックも楽しみにしておりますので、書いてみようと思ってくださった時に、どうぞよろしくお願いします。リクエストも再度させて頂きます♪

    今日退院した長男犬は、家に帰り、次男犬の熱烈な歓迎を受けた後、緊張がとけたのか、自分のベッドやソファでまったりとしていました。ご飯はペロリと食べ、あとはぐっすり眠るのみです!ありがとうございました(^^)。
    明日は次男犬の診察、よろしくお願いします!

    1. もちょままさん、モカちゃんは早く家に帰りたかったようですね(^^)
      家でゆっくりしているようで、よかったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日