はりねずみ通信

気合い

動物には運動器疾患が多いので、毎日のように「歩き方がおかしい」「立てなくなった」「びっこをひく」という主訴がカルテに並ぶ。
これを的確に診断するのは、簡単なようで難しい。
動物が言葉を話せないことが、その大きな理由である。
明らかに歩き方がおかしければ、視診で診断できるが、見た目ではわからないことがほとんどだ。

丁寧に触診して、病気の局在を把握する。そこを起点に、すべての検査がはじまる。
なんとなくおかしいから、すべての関節のレントゲンを撮る・・というようにスタートすると、核心には迫れない。

そして、運動器疾患ですらない場合もある。
先日、急に立てなくなったというトイ・プードルを診察した。卵巣の腫瘍が破裂して立てなくなったのである。
これは緊急に手術して、救命できた。

関節炎、椎間板疾患、靱帯損傷、脱臼・・という病態が100例あるなかに、ひとつだけこういったケースが紛れ込む。
先入観を持たずに診察するのが非常に重要なことを、再認識した。

今日も気合いを入れて。


IMG_8023
きあいなし


「気合い」への4件のフィードバック

  1. こんばんは(*^^*)
    今日は診て頂いて本当にありがとうございました。
    ちょっとしたことでオロオロオロオロ…
    ソロモンの指環が欲しいです…

  2. お疲れ様です
    アキパパです
    シルフが家の中を歩き回っているのを 愛しく見ています
    動けなくなった時には シルフ自信 動きたいのに動けないことにパニックになり 鳴くことしか出来ず 辛かったと思います
    いずれは終わりを迎える命に でもPLDDと薬で今は歩け出したことに感謝しつつ 少しずつ安らかにその時をむかえたいと願っております
    この度は 無理ばかり言って 申し訳ありませんでした
    林先生にも 沢山のお世話を戴き 感謝しております
    もう両方年寄りになりましたが どうかこれからも アキレスとシルフと… 私達も 宜しくお願い致します

    1. 春名さま、シルフちゃんの経過がよくてよかったです。
      いろいろたいへんだったと思いますので、ゆっくり過ごしていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日