はりねずみ通信

未来を提供する

先日、JBVPで講演された米国獣医腫瘍学の専門医カーナ先生や、iPS細胞の研究で知られる京都大学の山中先生、先日105歳で亡くなった医師の日野原先生。これらの方たちの働きを見ると「希望」という単語が頭に浮かぶ。
医学や科学を進めることで未来を作ろう、という意思が感じられる。

日野原先生は、あるインタビューでこんなことを言われていた。
寝たきりの青年がいる。
(日野原先生も若い頃、結核で寝たきりになり8ヶ月間もトイレに行けなかったそうだ)
「ぼくも同じ体験をしたから気持ちはよくわかる。何か好きな本を読みたまえよ。今度1週間後回診するから、そのときに読んだものを教えてくれない?それ、ぼくも読みたい」
それで肩をぐっと押して、
「じゃ、また来週来るよ」
というと、その青年は来週が待ち遠しい。

「ぼくは、病む人に、未来を提供する。1週間先には先生がまた入ってきて励ましてくれるんだなあ、というふうな未来を、私は行動や言葉で残すように努力している」
(ほぼ日刊糸井新聞より引用)

ソウイウモノニワタシハナリタイ


IMG_6932
とおりみち

 

「未来を提供する」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日