はりねずみ通信

春という季節

一昨日、外出して帰ってきたらツバメが滑空しているのを見かけた。同じ日に、ウグイスの鳴く声も。

動物が暦(こよみ)を間違わないのは、日照時間を基準にしているから、と動物学者の日高敏隆さんのエッセイで読んだ。
冬の終わりにも暖かい日はあるし、春に凍えるような寒さもある。
春になったと勘違いして冬眠から目覚めたり、鳥が渡りをはじめたらたいへんである。
地球上でもっとも「当てになる」もの、太古の昔から絶対的に変わらないもの。それは、地球の軸が作り出す日照時間なのである。

春を待つのは、生物にとって普遍的な行為に違いない。
食料の確保が難しい冬には、できるだけエネルギーを温存する。日照時間が長くなってくると、活動を開始する。餌を求めて動き出し、繁殖をする。
その際に、からだの中の自律神経やホルモンが急激に変化する。春先に、人間や動物の身体や精神に変調が見られるのは、そのためである。
楽しい春であるはずなのに、体調がすっきりしない、やる気が起きない、と思う人は実は多い。
動物病院でも、椎間板ヘルニアや自己免疫疾患を多く診察する。当院の入院室も、今ほとんどが埋まっている状態である。

からだは変化に対応しようとしているので、こういうときはゆっくりと構える方がよい。
無理をせずに過ごすのが一番である。

 

IMG_6287
ねてすごす

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日