はりねずみ通信

教師

高校3年のときの担任は、数学の先生だった。
何を教えてもらったかは、すっかり忘れてしまったが、私たちが問題を解いているあいだ、黒板の隅に何か数式を書いている姿を思い出す。
おそらく自分が取り組んでいる問題を、空いた時間で解いていたのだろう。
「数学って、そんなにおもしろいんだ」
と思った記憶がある。

私が腹腔鏡をはじめたときに、医師の山形先生に教わったことは前にも書いた。
実は教えてもらったことは、今から考えると動物医療の実情に沿わない内容も多く、それが現在すごく役立っているかどうかはよくわからない。けれど、「腹腔鏡はすごい」と夢や希望の芽を植え付けてくださったのは紛れもない。

つまり、教師が教えるのは、科目の中身だけではない、ということ。
そういう意味では、内容の履修に厳しいばかりでは、よい教師と言えないのかもしれない。
脳は楽しいことを吸収しようとするので、楽しさやわくわくする気持ち、希望などが含まれていなければならない。

私も新人に接したり、新しく腹腔鏡をはじめる獣医師に話をするとき、そういうふうになりたいと思う。


IMG_8061
こみあう

 

「教師」への2件のフィードバック

  1. こんばんは(*^^*)
    教える、教えてもらうって難しいですよね。
    わくわく感ってとっても大事で、例えば何か困った時、それが的確なアドバイスだとしても、簡単に解放されるとつまらない時もあります。
    自分で考えるのが一番楽しいのかも。
    失敗してもそれが楽しいことも。
    簡単には解放されない、でも答えに近づける、そんなsuggestをさりげなくできるようにな方に出会うと、わくわくします(*^^*)

    1. コバシさん、そうですよね。すべて教えられるとつまらないです。自分でできるようにサポートするのがよい先生、でしょうね。

金井浩雄 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日