はりねずみ通信

慣れること

若い先生が「学会発表はどうも苦手で」と言うのを聞いた。
緊張してしまうのだそうだ。
自分もそうだったので、とても共感する。人と話をするのが苦手、対人関係に弱い、人前に立つとプレッシャーを感じる・・。そういった話はよく聞く(ぜんぶ自分もそうだったので、よくわかる)。
でも、ずっとそのままでいる人と、克服する人がいる。なぜか?

結論を言うと「慣れ」だと思う。
そう言うと、慣れるまでが難しくて、と答えが返ってくることが多い。
でもよく考えてみると、はじめから堂々と振る舞える人は少ない。たとえばオバマ大統領が日本語でスピーチするとする。「みなさん!」というところが「みなちゃん!」になりクスクス笑いが起きると、もじもじするのではないか(しないか・・)。

笑われたってかまわず続ける。
そうすると、人前で話すことが「たいしたことでない」ことがわかる。何度でも行っていると、通い慣れた道と同じで、意識しなくても進むことができるようになる。そうすると余裕が出る。そして、余裕が美しさにつながり、自信に満ちているように見えるようになる。
自信を持って相手と接していると、そのオーラは自然と伝わる。話す内容以上のものが、相手の潜在意識に届くようになる。そこまで続けることが重要だ。オバマさんだって日本語でスピーチするなら、相当続けない限り心に響くようにはならないはず。

慣れるまで続けることができるかできないか。そこにすべてがかかっている。
1回失敗したって(発表がだれからも注目されない、話している途中で頭が真っ白になる、難しい質問に答えられなくてうろたえる・・経験したことばかり)どうということはない。
少しの勇気を持って続ければいいのである。


img_9436
みみからねこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日