はりねずみ通信

感覚の変化

最近、スーパーでイチジクが売られていると、つい買ってしまう。
あの微妙な酸味と甘みは、なんともいえない。
いまではそうなのだが、子どもの頃はイチジクの味などわからなかった。通学路の途中にイチジクの木があり、季節になると実が付いていたが、穫った(盗った?)ことはなかった。あんな果実をたべるひとの気が知れない。そんなふうに思っていた。

味覚も、音楽の嗜好も、歳と共に変化してゆく。
あのイチローだって、「最近は和食が好きになった」と言っている。イチローは歳ととに変化していく自分の体に合わせ、バッティングフォームを毎年変化させているという。「体に聞く」という態度は、学びたい。

世間ではアンチエージングが流行していて、若さに対して特別な価値があるように強調される。
けれど年々歳を取っていくのは事実であるし、身体に変化があるのはあたりまえである。むしろ、脳がいつまでも若いままのイメージを持ち続け、身体感覚と乖離するほうが心配。

イチジクやプロコフィエフが好きになることも、おもしろいことだ。
もっと進めば、いまは見向きもしないことに夢中になるかもしれない。そう考えると、歳を取ることも悪くないと思う。


img_9243
あきぴよ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日