はりねずみ通信

悩み

「なんか最近調子が悪くって」
と友人の獣医師Aが言う。聞くと、治療がうまくいかないという。
「大丈夫だよ」
と一応慰めの言葉をかける。昔からのともだちなので、関西人らしい突っ込みを入れ、笑い飛ばすのも一法だが、こういう話は人ごとではないから、茶化すわけにはいかない。

運気というか、天の法則というか、うまくいかない流れになると何をやってもだめである。
治療そのものだけでなく、スタッフや飼い主さんとのコミュニケーション、運営や経営など、舵取りが難しい問題が山積みなので、タフでなければ(あるいは相当に「のんき」でなければ)やっていけない。
Aは「動物病院は総合格闘技だ」とよく言っている。本当にそうだと思う。

自分を追い詰め、心の病気になってしまう人もいる。
そういうときに、心のよりどころになるような場所が必要かもしれない。

院長癒やしの部屋、とか獣医駆け込み寺とか、名前を考えてみる。
心の整え方、休息の取り方、食生活、モチベーションの保ち方・・。いろいろな切り口があるだろう。

あ、私が作るって話じゃなく、そんなのがあれば利用したい、という話。


img_9047
ねこじかん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日