はりねずみ通信

役割

4月から動物看護師の有元が仲間に加わった。
専門学校の学生の時、実習にも来ていたが、とてもおとなしい性格だったので正直「大丈夫かな」と思っていた。
当院に就職が決まったのち、冬休みと春休みにアルバイトに来てもらっていたが、やはり同じ感じ。
なんでもまじめに取り組んでいたが、いつも静かである。

アルバイトの間は、黄色の専門学校の制服を着ていたが、4月1日から、当院のユニフォームであるピンクのナースウエアに替わった。
そうしてほかの看護師と並んでいると、学生の時よりなんだかしっかりして見える。
私は最初、それは制服のためだと思っていた。

ところが、彼女の動きを遠目に観察していると(私はスタッフの動きをよく観察する。管理者の目、というより、動物観察に近い)、明らかに何かが違うのである。
もちろん、まだできることはとても少ないが、自分の与えられた仕事に対するエネルギーのようなものが、3月31日までとはまるで異なるのだ。

彼女に直接訊いたわけではないが、おそらく自分に与えられた動物看護師という役割が、彼女の内面をがらりと変えてしまったのではないか。アルバイトではなく、当院に帰属するということ。仲間になった、という意識。それが変化の原因ではないか、と推察した。

人間は役割によって変化する。
子供が生まれたとたん、親の顔になる。学級委員になったとたん、しっかりする。プロジェクトを任されたと同時に、リーダー然となる・・。

有元はこれからどんなふうに変化するかわからないが、成長を見守りたい。

それにしても、人間って不思議な生き物だなあ。


IMG_0204
いっしょ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日