はりねずみ通信

学会準備

学会の準備に追われている。(といってもまとまった時間が取れるわけではないので、診察や手術の合間にスライドの手直しをしているだけだが)今度発表するのは、犬の特発性乳び胸についてである。

犬の特発性乳び胸は、現在世界中の獣医師が頭を悩ませている病気と言える。
診断がついた時点で、「もう、予後はよくない」と宣告されてしまうこともある。
けれど、大部分の犬が5−6歳以下の若い犬である。でも、この疾患は癌のような悪性疾患ではなく、いわゆる良性疾患なのだ。あきらめて下さい、というのはあまりにも酷(こく)である。また、治癒率が非常に低いのに、開胸(場合により2ヵ所)・開腹を組み合わせるとても侵襲が強い手術を行わなければならい、ということも課題だった。

なんとか完治への道筋がつかないかと、模索していた。
今回の発表は、過渡期のものであるかもしれないが、この病気の完治に向かうための道しるべになれば、と願う。
今年はスライドが止まりませんように!



img_9206
新しいクッションが気に入っている


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日