はりねずみ通信

学会の役割

おつき合いのある工務店のKさんに、
「先日学会があり、東京へ行ってきました」
と話をすると、興味を持ったらしく、こんなことを訊かれた。
「どんなことをするんですか?」
いろいろな専門の分野の講義を聴いたり、自分でまとめたデータを発表したりするんです。
そういうと、
「発表したら、講演料など出るんですか?」
という。普通の発表では、交通費も講演料も出ないのは当たり前なのでそう答えると、腑に落ちない、という顔をした。それだけの費用や労力をかけてどうして出かけるのか、よくわからないようだった。

よく考えればそうだよなあ。と、自分でも考えてみた。行動の根本はなんだろう。
獣医医療を進めるため、というのは大義ではある。同じ分野に興味がある人から、意見を聞きたい、というのもあるだろう。
でもそれ以外に、「人から認められたい」という人間の根本の心理があるように思う。

とすると、多くの学会ではその欲求が満たされないことになる。
発表7分、質疑応答3分で、次から次へと進行してゆく。ときどき質問ゼロのときもあり、自分がまとめたものを人が理解できなかったのではないか、とちょっと不安になる。

ただ、地道に発表していくと、それを見ていてくださる方が誰かはいる。
編集者の見城徹さんの著書に、
「人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない」(講談社)
という長いタイトルの本がある。まさに、その通りだと思う。
どこかの誰かが見ていてくれて、そこから小さなつながりが生まれることがある。
私がこの10年で知り合いになった獣医師の先生方とのおつき合いは、そういうちょっとしたつながりからはじまった。

ただ、結果として、人から認められる、という目的は達しているのかもしれないが、学会そのものが果たす役割についてはちょっと考えてしまう。お互いが認めあえるような、もっと直接的なアプローチはないものだろうか。

 

IMG_7385
や!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日