はりねずみ通信

子供の治療

最近、動物たちに混じって小児の治療も行うようになった。

症例は3歳(?)女児。
「指しゃぶりがなおらない」
という主訴である。母親のMさんによれば、なかなか指しゃぶりをやめないので、私の名前を出したところしばらく収まったのだそうだ。いつも犬たちの治療で通っているので、私は子供にとって「病気を治す先生」である。自分も患者の一人だと思っている様子。

今、2匹の犬が週1回来院しているが、診察の最後に子供の親指をかならず診ることになっている。
小さな親指には、かわいい吸いダコができている。
私はしゃがんで親指を色々な方向から診て、
「ほら、こんなふうになっているから、指を吸っちゃだめだよ」
などという。
子供はなにか重大な宣告を受けたように、神妙な顔つきで私を見る。

「ほら、先生にバイバイいいなさい」
Mさんがそう言うと、真面目な顔がぱっと笑顔に変わり、手を振って帰って行く。
それが週1回の行事になっているが、私の神通力は1週間くらいは効くとのこと。

獣医師免許では人間の治療はできないので、違法行為になるのかも。
でも無料なので、いいか。



fullsizeoutput_a72
あきがきた

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日