はりねずみ通信

医師を尊敬する理由

大学の時、血液塗抹をつくる実習があった。赤血球や白血球を観察するためである。
手近な血液は自分からとるのが早い。指を少し傷つけ1滴の血を採取する。
ところが、これがなかなか心理的な抵抗がある。自分の体を傷つけることが、これほど「行いにくい」ことだと初めて知った。

人間のお医者さんがすごいと思うのは、「人間が人間を治療する」という点である。
私たちからみれば、自分で自分の体を傷つける行為に似て、よく手術などができるものだと尊敬のまなざしで見る。医学教育の過程で、そのような心理的障壁を乗り越えるのかと思う。

動物の手術や施術を軽く考えているかというと、そうではない。あくまでも、「心の壁」のはなしである。

人間をnとすると、神様はn+1、動物はn−1である。と何かの本で読んだ。
旧約聖書の創世記には、「人間はすべての動物たちを治めよ」と書いてある。
我々獣医師が動物たちを慈しむ心で治療するのは、ある意味自然な行為とも言える。神様が人間を慈しむのと同じである。

人間が人間を治療する医療において、お医者さんたちがたいへんなエネルギーで取り組んでいるのには理由があるだろう。
一段高い存在でなければ、とても務まらない仕事だからである。




IMG_8019
ばきゅん

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日