はりねずみ通信

募金のお願い

先週、「立てなくなった犬を保護している」と相談を受けた。
すでにMRI検査は行っていて、頸部の多発性椎間板ヘルニアであることがわかっている。
なんとか歩けるようにしてほしい、とのことだった。

現状は四肢麻痺のため、全く歩行ができない状態である。
(食欲や元気はあり、排尿や排便などの機能は正常)

保護された状況を伺うと、遺棄されたものと思われた。
本日PLDD(経皮的レーザー椎間板除圧術)を行う予定で、麻痺の状態から術後も1ヶ月以上のリハビリテーションが必要と考えられる。歩行可能となり、日常生活が普通に行えるようになって、一般家庭で飼育できるようになることが目標である。
ただ、現状は重度な神経麻痺があるため、治療により改善するかは経過を見なければならない。

保護された方々のほうでも募金を募るということだったが、下記の口座に募金していただけるとありがたい。
治療費は術前検査、手術料、入院・リハビリ等を含め30万円程度がかかる見込みである。受け付け終了は8月15日頃の予定。

今ついている名前はピンちゃんなので「ピンちゃん募金」にしようと思う。
ピンちゃんの経過は1週間に1回程度、ここで報告したい。

よろしくお願いします。



郵便口座 記号14350 番号1376151
口座名義 金井浩雄(カナイヒロオ)
 
郵便局以外の金融機関からの振り込みの際は、
店名:四三八(読み ヨンサンハチ)
店番:438
預金種目:普通預金
口座番号:0137615
 
 
 
fullsizeoutput_9c0
昨日のピンちゃん

 

「募金のお願い」への4件のフィードバック

  1. おはようございます。いつもうちのニャンコがお世話になっております。

    「ピンちゃん募金」ですが
    病院内での募金箱の設置はしないのですか?
    多額の募金は出来ないので口座への募金は気が引けてしまいます(×_×)

    それでも小額でも足しになればとは思うので受付などに募金箱を設置していただければ診察帰りにされる方も大勢いらっしゃると思うのですが・・・

    難しいようでしたらすみませんm(_ _)m

  2. こんにちは(^^)
    今、はりねずみ通信拝見して涙しました。 きっと麻痺しつ飼育困難になり破棄されたのかと思うと‥
    四肢麻痺になるまで随分日にちも経っていると思うのでその間、ピンちゃんはどれだけ痛く辛かったか 涙涙です。
    何も言えない、病院連れて行って とも言えずただ耐えていて 破棄した人許せません。
    私も塁にしてあげれる事なかったか、どうして欲しかったか今だに思うと涙が出ますが私の家で、私達がしたことは間違いではないと言い聞かせてます。

    今まで癒してくれた自分の動物を面倒みれなくなったからと 、可愛い時だけ一緒にいるなんて家族ではないです。

    保護された方心優しい方なんですね。
    先生に相談されて今日、手術してもらえるのはピンちゃんは幸運の持ち主です。
    きっとこれからまた歩いて楽しい犬生が待ってることを願います。
    気持ちだけですが早く元気になれるように協力させていただきます。

    1. もあの母さん、ありがとうございます。
      ピンちゃんはとても前向きな性格なので、いろいろ乗り越えて幸せになってくれると思います。
      また経過は報告させていただきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日