はりねずみ通信

共感

オーケストラの演奏をテレビで見ていると、時々奏者が隣の人と目を合わせほほえむような場面を目にする。
「今の旋律は、ばっちりだったね」
というような感じだろうか。

動物病院でも、獣医師同士で病気のディスカッションをしているときなど、少し会話しただけで核心に迫るやりとりができることがある。
病状、血液検査やレントゲンなどの画像所見、飼い主さんの治療に対する希望などを対話形式で討論する。これは一日何度も行うことなのだが、それほど多くの時間を割くことはできない。
もちろん獣医師同士で意見の相違があり、長く話し込むこともあるが、二言三言の会話で、「ああ、そうだね」とお互い腑に落ちることも多い。

こういった関係を、勤務医の藤居や林と持つことができること。
それがどんなに幸せなことか、あらためて感じる。

これは「仲の良さ」とか「チームワーク」というようなものとはまた別のものである。
動物と飼い主さんにどんなことができるか。オーケストラでいうと、いかによい音楽が奏でられるかどうか。
そういう土台の上にある「共感」というと伝わるだろうか。



IMG_7365
にだんがさね

 

「共感」への1件のフィードバック

  1. こんばんは(*^^*)
    オーケストラの例え、飼い主も聴衆ではなく、舞台の隅っこでいいので、一緒に奏でるお手伝いができれば嬉しいって思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日