はりねずみ通信

六十の手習い

ピアノ演奏と脳の関係、というテレビ番組をみた。
右手と左手をばらばらに使うことは、ピアノをしない人から見ると信じられない。
(プロのピアニストになると、指一本一本が独立して動き、短いフレーズの中でも自在に音の強弱がつけられるのだそうだ)

でも、これは訓練で行えるようになる。
しかも、高齢になっても脳は鍛えられるのだそうだ。

定年退職をしてからピアノを習い始めた人が、みごとにショパンのエチュードを弾いていた。
演奏を聴くと、プロのように流暢ではない。しかし、なにか心を打つ調べなのである。

インタビューでは、
「ずっとこの曲が弾きたいと思っていました」
と答えられていた。

いくつになっても、何かをはじめると上達できる。
でも、それは、
「こんなこと自分にできるわけがない」
という気持ちを、
「絶対ものにしたい」
という突き上げる感情が乗り越えたとき、はじめて達成されるのだと思う。

つまりは、情熱があるかどうか。

IMG_8425
ややたいくつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日