はりねずみ通信

住む環境

人間が働く場所はどんな環境にすべきか。
隣の人に仕事を邪魔されずに集中したい。だから、それぞれのデスクを個室のようにしつらえるべきか。それでは互いのコミュニケーションが取れず、チームとしてうまく機能しない。
では、大きな部屋に机をならべ、垣根のないレイアウトにしたらどうだろう。多くの企業が採用しているこのスタイルは、実は働く人にとってはけっこうなストレスになるようなのだ。

人間は背後から見られるのを生理的に嫌う。
このようなレイアウトは、通りすがりの人に後ろからのぞき込まれる可能性があり、意識化に上らなくても何らかの緊張感が生まれる。

人間はどういう空間を心地よく感じるか。
それは原始人がどう過ごしていたかを考えればよい。
背中側には山などの自然を配し、目の前には遠くまで見渡せる場所。そんなところを人間は好むようなのだ。
クリエイティブな企業などは、このようなレイアウトを採用して、働く人のストレスを軽減し、コミュニケーションを豊かにするよう配慮しているとのこと。

私がふと思い出したのは、ブリューゲルの「雪中の狩人」という絵である。
(いま画像をここに出そうとしたが、うまくいかなかったので、また今度)
背後には、いま狩りをしてきた山。傍らには猟犬たち。眼前には人が遊ぶ里。そして遠くには美しい連峰。
そういう構図を人間は好むので、この絵は印象に残りやすいのかもしれない。

猫も人間と同じように住む環境でストレス度が変わってくる。
猫はもともと樹上生活をしていたので、高いところから見渡すのが好きである。
部屋の中に「上る場所」がないと、ストレスを感じるようである。
もし飼っている猫が膀胱炎になりやすかったり、なんとなく落ち着かないようだったら、見晴らせるような場所を作ってやるとよい。

生活する環境を考えるとき、我々が原始人だった頃、動物たちが原始動物(?)だったころを想像するといいだろう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日