はりねずみ通信

予想能力

動物たちは、毎日を一日一日過ごしている。明日のことなど、あまり考えていないようである。ところが、近い未来はかなり予測している。

たとえば、黒い猫のチョコは、お好み焼きを作り始めると台所に走ってくる。
最終的に鰹節を混ぜることを知っていて、やってくるのである。私にしてみれば、お好み焼きを焼く動作と、ホットケーキを作る動作には(作り始めには)違いがないように思えるが、ホットケーキの時にはやってこない。これは、時間で判断しているのだろうか。謎だ・・。

犬のピヨは、食事の際、おこぼれをもらおうと食卓に来るが、食べ終わって箸を置くとどこかへ行ってしまう。食卓は見えていないので、食べ終わったかはわからないはず。
人間が発する「食べ終わったオーラ」を読んでいるようなのである。(その証拠に、食べている途中で箸を置いても去らない)

このように、動物たちは(食べるものに関する予想が多いが)、少し先は読んで行動している。
人間は進化していて、もっともっと先を読む。老後とか、地球の終わりとか。

人間の能力がもうちょっと低下して、せいぜい2−3日後の心配だけしていればよくなれば、人類は相当に幸せになるはずである。神様は、ちょっと頑張りすぎた。

 

IMG_7461
いちばんいいかお

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日