はりねずみ通信

モホロビチッチ不連続面

たしか高校の時、地理の先生(たぶん)がある事柄を説明したあと、
「これをモホロビチッチ不連続面といいます」
と言った。
私は最初、
「モホロビチッチフレンゾクメン」
と聞こえて、世の中には長い名称もあるものだ、と思い何度も唱えてみた。なにか呪文のような響きではないか。
そして月日は経ち、2016年の現在でも、私はその単語をはっきりと覚えている。
でも、高校を卒業してから一度もその言葉に出会ったことはなかった。つまり、私の人生にあまり関わりのないものだったようである。
ところが、年に一度ほど、私はこの単語を思い出す。でも、調べもせずに放っておく・・。その繰り返しで30年ほど経ってしまった。

昨日、久しぶりに「これ」が頭に上がってきたので、思い立って検索してみた。
(何でもすぐ検索できる便利な世の中だが、あまり多用しないよう気をつけている。知ったつもりになってしまうので)
地球は地殻という外側の部分と、マントルという芯の部分でできている。その境界のことを「モホロビチッチ不連続面」という。
どうりで耳にしなかったわけだ。そんな地中深くのことに普段出会うわけがない。

モホロビチッチ、というのは人名で、クロアチアの地震学者であることもわかった。
なんとなく表面である地殻は硬く、中心のマントルは軟らかいものだと思っていたら、実はマントルのほうが硬いのだそうだ。(・・こういう知識はクイズ番組にはいいが、ほんとうに理解したことにはならない)

高校の先生も、こんな覚え方をされたら教えた甲斐がなかった、と言うだろう。
たしかに。
ほかはまったく覚えていない。

IMG_7968
せなかでかたる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日