はりねずみ通信

ピンチはチャンス

手術のとき、いろいろなことがいつも順調にいくわけではない。
どの角度からみても、乗り越えることが困難と思える状況にぶつかることがある。
そのとき、「ピンチはチャンスだ」と思うように、と言われたことがある。

思えばこうやって毎日手術をしていて、なんとかやっているのは、過去に乗り越えてきた経験が蓄積しているから、と言える。
目の前の困難をひとつひとつ克服してきたことがなければ、今はなかったはず。
だからいまあるピンチは、チャンスでもある。

同じようなことは日常生活にもある。
思うように進まなくて逡巡したり、「困ったなあー」と天を仰ぐときもある。
でも、そういったときに周りが助けてくれたり、思わぬ出会いがあって救われたりする。
ピンチがなければ、そんな機会は訪れなかったかもしれないし、簡単に通り過ぎてしまい感謝する心もうまれなかった可能性がある。

昨日はそういうことを考えさせられるできごとがあった。
誰かから助けられて生きているのだと、あらためて思う。



IMG_7945
どこでもゆっくり

「ピンチはチャンス」への1件のフィードバック

  1. こんにちは(*^^*)
    ほんとそうですよね!
    私にもし財産と言えるものがあるなら、それは友人だと思います。
    だからこそ、私も誰かのためにできることがあるのならやらなきゃ、ですよね。
    がんばろ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日