はりねずみ通信

パピヨンの庭

以前から構想はあったのだが、なかなか実現できずにいることに「パピヨンの庭」という集まりを開くということがある。

動物病院では、動物が亡くなったあと飼い主さんとの関係がぷっつりと切れてしまうことが多い。
定期的にこのような集まりを開き、心のサポートをする。
まあ、そこまで大げさにしなくても、ちょっと集まってお茶でも飲んでおしゃべりする。

パピヨンの庭という名前は、同名の本が由来である(過去ログで検索していただければ、と思う)。名前だけはずっと前から決めていた。

参加したいと思われる方は、どれくらいおられるのだろうか。


fullsizeoutput_c25
あつまる

「パピヨンの庭」への14件のフィードバック

  1. おはようございます。手紙届きましたか?
    動物を飼ってない人にはこの悲しみ辛さはなかなか伝わらないので、同じ思いの方と話てみたいなとフッと思ったので…先生も考えておられたのですね。
    ただ今はあまり触れたくない話題なので、もう少し時間が経ってからになるかな…

    1. くうちゃんママさん、手紙届きました。
      つらい状況なのに、いろいろ暖かな言葉をかけていただきありがとうございました。元気になってくださることを祈っています。
      時期が来ればこういう集まりに参加いただけたらと思います。

  2. かない先生、おはようございます。
    アキの入院でお世話になり、ありがとうございました。退院後は大喜びでリビングを駆けまわり、あたたかい洋服に着替えさせるのが大変でした(^^;;
    尿の色もまだ少し濃いめですが、血尿ではないのでホッとしています。
    検査結果もよかったので家族も笑顔になれましたが…輪ゴムなど落としてしまわないように気をつけようと思います(^_^;)

    「パピヨンの庭」はとっても素晴らしい構想ですね!ぜひ実現していただきたいです。虹の橋を渡ってしまった子達の家族のためのサポートも嬉しいですが、闘病中の子達と暮らす家族とお話ができる機会もあると良いなと思いました(^-^)

    1. アキママさん、そうですね。内覧会のようなものとは別に、普通のあつまりもあるといいでしょうね。
      考えてみますね。

  3. こんにちは(*^^*)
    『パピヨンの庭で』
    ・亀太郎 著(2006年9月)
    ・文芸社
    絶版重版未定 でした(T-T)
    機会がありましたらお借りしてもよろしいでしょうか?
    ぜひ読んでみたいです。

  4. 長いこと先生のブログは、拝見していますが、初めてコメントをさせていただきます。

    今年4月にコタローが亡くなり、中々立ち直れない日々がありました。16年間先生にはお世話になったのでもうお会い出来ないんだなあ、と言う寂しさもあり、何処かに何かを忘れたような感じがずっとしていました。

    わたしは、縁あって、今度保護猫を引き取ることになり、また、先生にお世話になれることができました。でも、こんな素敵な場があれば立ち直れるきっかけが出来ると思います。

    お忙しいとは思いますが、是非実現させていただきたいです。先生お一人が大変になるのではなく、みんなで「パピヨンの庭」作っていけたらいいな、と思いますよ~

    1. クータ、クーリさん、またお目にかかることができ私もうれしかったです。
      パピヨンの庭、協力していただけると助かります。

  5. メイが虹の橋にお引っ越しして一年が過ぎました。メイが亡くなってからも、ハリネズミ通信は見させてもらっていました。
    かない先生には、たくさんメイをたすけていただき、14年間、一緒に過ごすことができました。ありがとうございました。
    病院には、ハルの診察の付き添いに時々行っていますが、一年過ぎた今も病院の中に入る事ができません。どうしても思い出してしまいそうになってしまいます。
    メイの事を懐かしく話せるようになるのには、まだまだ時間がかかりそうです。

    1. メイママさん、このはりねずみ通信でつながっている方も多いようなので、続けたいです。私が書くものなどでも、癒やしにつながるようにと思います。
      いつかこういう会にも参加いただければと思います。

  6. 先生、こんばんは!
    とても心が温かくなる集いですね。。
    ペットロスの時って一人では乗り切る事は出来ない・・
    同じ境遇の方とお逢いして話をする。。
    この企画って涙が出るくらい有り難いと思います。
    本当に心のサポートって必要なんです。。
    経験者は語る・・です!
    私事ですが、きなこが亡くなって来年の春で4年になりますが
    本当に頭が変になるのではないか?という時期に同じ境遇の方と
    知り合って、気持ちが随分落ち着きました。。
    関東の方で今もお付き合いがあります。。
    どれだけ大切な存在だったか・・話す・・
    今を乗り切るのは、その様な時が、集いが大事なんです。。
    とても素敵な企画!金井先生は、やはり凄いかたです!

    1. きなこさん、ずっと前から考えていたのですが、なかなかアクションできなかったのは、難しいことなのでうまくいくかどうかわからなかったからです。でも勇気が必要ですね。
      来年にははじめたいと思っています。

  7. 「パピヨンの庭」!
    大賛成です~!

    ペットがいなくなると、なかなか動物病院に行きにくくなっちゃいますが
    そういう集まりがあると、最後を迎える飼い主さんにも「先輩飼い主」として
    いろんなお話ができるような気がします!
    私も時間が許す限り、参加させていただきたいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日