はりねずみ通信

バスケとサッカー

アメリカ人はバスケットボールは好きだが、サッカーは好まない。
理由は「サッカーは合理的でないから」という記事を読んだ。

私は中学校の時、バスケットボール部にいた。なんにでも熱中する方なので、相当に入れ込んでいて、家に帰っても練習していたし、どこへ行くにもルールブックを携えているほど。
バスケはマンツーマン・ディフェンスやゾーン・ディフェンスなどの守備がきっちりしているし、目的通りにパスを回しシュートまで持っていく行程は、正確そのものである。
中学校のグランドでは、隣でサッカー部が練習していたが、サッカーはそれほど「正確」ではない(まあ中学校の球技なので、そうなのかもしれないが)。とりあえずボールを蹴っておいて、そこへ向かって走って行く、というイメージ。一応味方へのパスであるはずだが、割と簡単に敵に取られてしまう。でも、それをまた奪い返して・・、という感じ。
(もしかして、サッカー好きの人が読んだら、偏見だ、と怒るかも。あくまでも、中学生だった私のイメージである)

米国でアメフトやバスケが好まれるのは、正確性や論理を重視する国民性のためではないか。

獣医医療でも、日本人と米国人で考え方に相違がある。
それに関してはまた書きたいが、彼らは「病気というものは、原因さえわかれば治るはずである」と固く信じてるフシがある。
わたしは、原因がわかっても治らないこともあるのに、とか、生き物にはどこか論理で割り切れないところがある、と心の底で思っている。
これは文化の違い、なのだろうか?

 

IMG_6607
まだ安静!走っちゃダメ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日