はりねずみ通信

オオサンショウウオは・・

ゴールデンウィークの頃、当院のすぐ近くの用水路で、オオサンショウウオが保護された。
天然記念物なので、警察が出動し、しかるべきところへ連れて行かれた(連行、ではない)はずである。

IMG_0266

きになるのは「しかるべき場所」のことである。水族館?川?
そもそも、どこから来たのか・・。

折しも、先日新幹線に乗ったとき、社内誌にオオサンショウウオのことが特集されていたので、熱心に読んだ。
関西を中心に生息していること。
地元ではハンザキ、という名称で呼ばれていること。
成長速度が遅く、1年に5ミリから1センチしか成長しないこと(それで計算すると、体長1メートルはあるこの個体は、少なく見積もっても100歳以上!!)。
地元である兵庫県朝来市に「日本ハンザキ研究所」という施設があり、保護や研究に取り組んでいること。
オオサンショウウオの姿かたちは、3千万年前(3千年、じゃないですよ!)から変化がなく、生きた化石と呼ばれていること。
(人類の起源、ホモサピエンスは10万年前)
ということがわかった。興奮した。

「保護してあげた」なんて、絶対に言えない。生き物の大先輩なのである。

保護されたあと、どこへ行ったのか。
日本ハンザキ研究所に問い合わせるとわかるだろうか?


IMG_0492

 

「オオサンショウウオは・・」への2件のフィードバック

  1. うちには、オオサンショウウオの ぬいぐるみがあります(笑)
    娘が 小学生になる前に どこかで見たオオサンショウウオを 名前を何度教えても
    オオサンショウ「ウゴ」と 間違えて覚えており、そこから、オオサンショウウオが気に入り お土産物やさんで 購入したのが きっかけですが 本物に近い茶色のと、ピンクのオオサンショウウオの ぬいぐるみが家にあります。

    なので、毎日娘の部屋で ぬいぐるみを見るから オオサンショウウオに親近感抱きます(笑)

    オオサンショウウオ、とても長生きをするってことですか(笑)?

    1. ももさん、ハンザキよりウゴのほうがぴったりのような気がしますね(^^)
      人間が生まれる前から地球にいたので、親近感がわくのでしょうかね。なにか惹かれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日