はりねずみ通信

わかりにくさ

ヴァレリー・ゲルギエフというロシアの指揮者がいて、とても注目している。
ショスタコーヴィチの交響曲などにすばらしい演奏が多い。難解と言われているこれらの曲を、高い知性を持ちつつ、肉声で語るように演奏するのである。
ゲルギエフの指揮は、独特である。
指揮棒は持たないか、爪楊枝くらいの長さの棒を持つ(これは本当の爪楊枝ではないか)。
リズムを示すための「打点」がわかりにくい。オーケストラ団員はどうやってフレーズの区切りを知るのか、疑問である。
あるインタビューでは、楽団員は「意外にわかりやすい」と答えていたが、そうだろうか。
私には、奏者がどうやって合わせるのか、不思議でならない。

おそらく指揮を見て合わせることが難しいので、奏者同士がお互いに目配せするように合わせているのだろう。
おのずと、楽団員の中に、ある緊張感が生まれる。
お互いをよく聴いていないと合わせられない。
また、指揮者が指揮棒でオーケストラを牽引する雰囲気ではないので、強い自発性をもってメロディーを歌うことになるだろう。
ヴァイオリンとチェロの掛け合い、管楽器と弦楽器でのフレーズの受け渡し・・。
そういったものが、押しつけられずに自然に表現される。そして、全体として生き物のような合奏になる。

ふと、リーダーとしてのあり方、を考える。
すべてを掌握し、コントロール下に置こうとするリーダーでは、ありきたりなことはこなせるかもしれないが、創造的な仕事は難しい。
一見わかりにくいくらいの指導力でいいのでは。

つまり、がんばりすぎるのも考えもの。

 

IMG_8427
昨日は診察が終わってから、現在の手術室の機器を別の部屋に移動した。
旧手術室と新手術室をつなぐ廊下の工事が本日あるからである。

 

IMG_8428
スタッフ総出でCアームや麻酔器などを移動。
ちょっと学園祭っぽい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日