はりねずみ通信

よくみえる

先日ひとの買い物につきあって百貨店をうろついていたら、店の前に「老眼のひとのための眼鏡式拡大鏡」なるものが展示されていた。展示されているものを、まったく期待もせずに、なにげなくかけてみた。スマートフォンなどの文字が、とても読みやすい。拡大されるので大きく見える。
「・・・」
ひとまず元の位置に戻す。
ふーん、と言いながら、もう一度かけてみる。なにか心に引っかかる。
でも、こんなところで衝動的に買ってはいけない、という気持ちの葛藤があり、パンフレットだけもらって家に帰った。

ここでそういった商品の紹介をするつもりはないが、この拡大鏡はとてもよくできている。
(白状すると、家に帰ってから通販で買ってしまった)
眼鏡の上からかけられる。
とても壊れにくい構造になっていて、普通にポケットに入れておける。
なにより「老眼鏡ではない」

老眼鏡は持っているが、いざかけるとなると、眼鏡を外すのが意外に面倒だったり、そもそも老眼鏡が近くになかっったりする。しかも、いかにも「老眼だから眼鏡を掛け替えている」という雰囲気になるので、なんとなく嫌だった。この眼鏡は、そういった心理的要素を取り払ったところがいい。けっこうなヒット商品のようである。

なかなかいいので、まわりの皆によさを伝えようとしたが、イマイチ届かない。
それもそのはず。
よく考えれば、動物病院のメンバーの中で、老眼は私だけなのだった。



img_9286


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日