はりねずみ通信

ぶれる

「○○さんって、ムジュンしてる」
といわれると、褒められたと思う人はいない。考え方が首尾一貫していないことは、よくないと言われる。逆に「ブレない」ことが推奨される世の中である。

ところが、自分自身を振り返ってみると、かなりぶれていることがわかる。
好きな音楽を例にとると、「ほんとに同じ人格か」と思うほど変遷している。

たとえば、マーラーの交響曲は、学生の頃は「かっこいいな」とは思ったが、のめり込むほど好きではなかった。
オーケストラ部にいたので、周りには音楽好きが集まっている。「マーラーはすごくいい。特にバーンスタイン指揮の演奏は最高」という人がいたが、私は何度聞いても猥雑な印象で好きになれなかった。

しかし・・。最近、昔買ってあったバーンスタインのマーラー交響曲全集を端から聴いているのだが、これがすごくよいのだ。
彼自身「指揮していると、この曲は自分が作曲したんじゃないかと思うことがある」と言っているように、あらゆる表現の極みのような演奏なのである。
だけど私は全集のうち有名な第1番、2番、5番くらいを聴いただけで、タンスにしまっていた。
もったいない・・。それが正直な感想である。昔は何を考えていたのか。

それで考えたのだが、特に若い人に伝えたいのはこういうこと。
「今、面白くない、好きではないと思えることも、数年すると気持ちが変わることもある。理解できない自分が悪いのかもしれないので、とりあえず保留を」

自分で自分を決めつけてレッテルを貼ってしまうこと(これがつまりブレないということ)ほど、もったいないことはない。

IMG_0125

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日