はりねずみ通信

できないときに

何か新しいことをはじめる。それがうまくいかないことも多い。
とくに難しいことにチャレンジするときは、そうである。

このときに「逃げの口上」は山のように用意されている。
もともと才能がない。
時間がない。
ほかにもっと効率よくできることがある。
まわりが反対する。
できないことを馬鹿にされる(または恥ずかしい)。
などなど。

チンパンジーのほうが挫折しない。
ご褒美をもらえることがわかっていると、タスク達成まで懸命に取り組む。
人間は星の数ほど言い訳を考えるので、簡単にあきらめてしまう。

新しくはじめることが、うまくいかないとき(私の場合、器用ではないのでたいていはうまくいかない)、こう考えることにしている。
これ以上下手にはならない。ちょっとずつでも上達するはず。
(練習してもなかなかうまくいかず、時間ばかりかかるとき)少なくともたくさん練習はできた。
ちょっと寝かせておけば、自然にうまくなるかも。

・・そういうふうにポジティヴに考えるようにしているが、実際はなかなかうまくいかない。途中で投げ出したくなることもしばしば。過去に苦労した事例を思い出し、「あのときも時間はかかったけど、なんとかやり切ったよな」などとうそぶく。

たまに、サルに産まれればよかった、と思うことも。


IMG_8124
しふくのとき

 

「できないときに」への2件のフィードバック

  1. こんばんは(*^^*)
    自分に対する言い訳って、なんでこんなにスラスラでてくるのでしょうね(笑)
    そしてその度に後悔するのも毎度のこと。
    挫折でも逃げでもなく、少ーーし休憩って思っておきます。。(←また言い訳 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日