はりねずみ通信

そういう人種

「もし先生の飼っておられる動物が同じ病気になったとき、手術されますか?」
とよく訊かれる。
これはもちろんイエス、である。
自分の飼っている犬や猫にできない手術を、よそさまの動物に行うわけにはいかない。
病気の治療という観点からは、かならずそうしてきた(うちの犬の椎弓切除やPLDDは必要があり行った)。

ただ、胸を張ってそう言えるかというと、ちょっと躊躇する気持ちもある。

やはり、心理的にナーバスになってしまう、ということが一点。
人間のお医者さんも、自分の家族の手術は他の医師に任せる方も多いようなので、これはお許しをいただけるか・・。
もう一つは、バイアスがかかっている、ということ。
飼い主さんが冒頭の質問をする背景に、獣医師としての客観的意見を聞きたい、ということがある。
つまり、だれがどんな状態でも、そう決断するものなのか、ということだ。
ところが、ある治療を提示する際、私は「ひいきの治療」を勧める傾向がある。
PLDD(経皮的レーザー椎間板除圧術)はよい治療だという惚れ込みがあったり、腹腔鏡で治してやりたいという意思がはたらく。そのため、本当に意味で客観的かどうかわからない。

そういったバイアスはできるだけ排除したいが、なかなかうまくいかない。

最近では、
「これは私が長年取り組んできた治療なので、いわばひいきの治療です。いろいろな情報を集めたり、他の獣医師の意見を聞いて、客観的に判断してくださいね」
と言っている。

課題としては、新しい手術法がきちんとしたデータに基づいていることを示すこと。これは今後、かならず取り組みたい。
それと飼い主さんは、
「先生は自分のやりたい治療を勧めてるんじゃないか」
と一歩引いて見ていただきたい。

病気を治したい人種であるので、どうしても客観的になれないのだ。



img_9529
こねこふう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日