はりねずみ通信

すてられない

もう使わないであろうものは、できるだけ捨てよう。
そう思っていた。でも、どうしても捨てられないものもある。思い出の品、でもないのに・・。

昨日動物病院内の大掃除をした。
看護師の福嶋が、
「先生、これ捨てていいですか?」
ときく。
心臓病の説明用に購入した心臓模型だった。

数年前、必要があって業者に頼んだ。
しかし、1年以上連絡がなかったので、半分忘れていた。
「やっとできました」
と持ってきたものは、思っていたのとだいぶ違う。しかも価格は10万円だという。
作ったひとは一生懸命作ったのだろうな、と半ば同情心から、私は不本意にも希望に添わない品物を買ってしまった。

途中確認しなかった自分も悪いが、実際の説明用にはとても使いづらい。
結局使わないことが多く、棚にしまってあった。
「もう、使う機会はないかもしれないが、捨てていいかというとすぐに同意できないもの」なのである。

img_9571

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日