はりねずみ通信

お焦げご飯

私が大学に入り下宿することになったとき、母は私にアルミの深鍋を持たせた。
野菜をゆでたり、シチューやカレーを作ったりするのに便利で、いまだに使っている。パスタをゆでるのにもいい。
でも、もっとも使用頻度が高いのは「炊飯」である。
以前は炊飯器でご飯を炊いていたが、いまはこの深鍋で炊いている。

米をとぎ、手のひらを米の上に置いて指の第2関節あたりまで水を入れる。たいていは、前日の夜に仕掛けておく。
そして朝、強火で炊く。
沸騰すると、鍋のアルミの蓋がカタカタと鳴る。蒸気が立ち、縁から米の泡が鍋の側面に伝うと、火を弱火にする。
蓋のコトコトいう音を聞きながら、味噌汁の具を刻んだり、魚を焼いたりする。
いつコンロの火を消すかは、全く「適当」である。そろそろかな、と思ったところで止めるようにしている。

すると、炊きあがりが日によって違う。
硬めになって、鍋の底や縁にお焦げができるときもあるし、おかゆのようにやわらかく炊けるときもある。
それが楽しい感じがして、あえてタイマーなどはかけないのである。

先日はうっかりしていて、強火のまま長時間炊いてしまった。
もう弱火にしていると思い込んでいたのだ。しばらくすると、なんとなく香ばしい香りがする。ところが、弱火にしていると思い込んでいるので、「今日はいつもよりいい匂いだな」くらいの気持ちで、他のことをしていた。
あ、と気がついたら遅かった。鍋の底は真っ黒である。

それでも、無事な場所もあり、食べるところは残っていた。
ご飯は水気を失い、焦げの匂いも強い。キャンプの時の飯ごう炊さんを思い出す。
たべてみると、これがなかなかおいしい。
何度もかみしめないと飲み込めないが、じわっと味が出て、なかなかのものである。

・・単なる負け惜しみ?

 

IMG_6911
きらり

 

「お焦げご飯」への2件のフィードバック

  1. 先生おはようございます(^^)
    以前は実家でもお鍋でご飯を炊いていました。父がジャーのご飯を嫌がったので。
    「始めチョロチョロ中パッパ」ですよね。
    フタにフンワリと膜が張るのをめくって食べていました。
    オコゲも美味しいですよね、真っ黒になっちゃうとちょっと大変かもですが・・(^_^.)
    今は炊飯ジャーが良くなって、いつのまにか止めちゃったみたいですけど。
    母が年を取り、ジャーでご飯を炊くのさえ父任せになっているようですが、その頃の母はマメで元気だったなあ・・と先生のコラムを読んで懐かしく思い出しました。

    1. usagi158さん、今は電子ジャーもよくなっているんでしょうね。
      ご飯を炊く、という日常には、いろいろな思い出がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日