はりねずみ通信

いきもののからだ

先日みたNHKスペシャルで、人体の不思議をあらためて感じた。
科学や医療は進み、もう何でも解明されているような気になっていたが、生命の仕組みについて私たちが知っている部分はごく一部に過ぎない。それを痛感した。

イギリスの病院でのリサーチで、入院患者の20%がAKI(急性腎障害)の危機にさらされている事実が明らかになり、それに対して積極的に取り組んで、大きな成果を上げているそうだ。治療薬をやめることで、AKIを回避できた患者さんの事例が紹介されていた。
弱っているからだでは、普段ではなんともない薬が負担になることがある。
精緻な働きをしている腎臓に、最後の一撃を与えるのは医療行為なのかもしれない。

生き物の体には、未知の部分がたくさんあり、治療や薬で何でもコントロールできるというのは思い上がりである。
これから医療がどんなに進んでも、いつもそういった謙虚さが必要なのであろう。

IMG_7030
やせいてき

「いきもののからだ」への10件のフィードバック

  1. いつもお世話になります。
    昨日はシルの手術、ありがとうございました。
    直接お礼が言えず、申し訳ありません。

    1. アキパパ様、シルフちゃんの診察は林に任せっぱなしですが、経過はみていますよ。
      PLDDを決断されてよかったと思います。また経過を見ていきますね。

      1. ありがとうございます。
        林先生も、大変頑張って戴いており、有り難く思っています。
        また、MRI、PLDDを行って戴いた事も、良かったと思ってもおります。
        何もしなければ、必ず後悔が有ると、今は思います。
        背中を押して下さった事に、感謝致します。

        1. アキパパさま、今回はよく決意されたと思いますが、やはり治療してよかったと思いますよ。
          また経過は見ていきますね。

  2. 年齢を重ねてきて、最近自分自身の体全体について気になったり心配になったりします。。。
    先日のNHKの腎臓の働きにも驚きました。。。
    若い時の不摂生を反省してます

    このやせてきているネコちゃんは・・・・ふくちゃんですか?
    たぶん違うような気がするけど。
    先生ところのネコちゃんの集合写真を名前入りでお願いしまーす(笑)

    1. 自分の体ってわかっているようでわからないものだと思います。どうかお体を大切にしてくださいね。
      この猫はトラ、です。なかなか集合しないのですが、また写真が撮れたらアップしますね!

  3. こんばんは。
    毎回毎回考えてしまいます。
    薬を飲むリスク、飲まないリスク。
    幸い、しっかり検査し、投薬して頂いていますが、検査結果に一喜一憂してしまうことが多いです。

    1. コバシさん、目的がはっきりしない薬を漫然と飲むことはよくないですが、必要な薬もたくさんありますよね。
      心配なことがあったら、なんでも相談してくださいね(^^)

  4. 身体の痛みや症状の原因が身体の何処かに繋がっていてたりもするので面白いなあと思います。脳とか神経はどうなってるんだろうとか。^_^生命って不思議です。
    治療薬などをやめる事って凄く思いきった大きい決断に患者なら悩んで迷ってしまいますがお医者さんとの信頼関係があるならば先生の言うことを信じて決断できるでしょうね。

    1. まきあさん、薬すべてがだめなわけでないので、お医者さんと相談して決めなければならないと思います。
      でも、自分の体に責任を持ったり、自覚的に考えることはとても大切ですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日