飼い主様の手記

飼い主様の手記詳細

当院に寄せられた飼い主様の手記をご紹介します。

全国に「PLDD」という方法が根付いて欲しいです(ぼてちん様)

ハンセン2型の椎間板ヘルニアでした(30キロ超えの大型犬)

急に前足に激痛が出たようで 自立できなくなり、
ほぼ寝たきりになった上、痛みで排尿・排便が困難で、
数日間出ない事が 何回もありました。

 術後、退院の日に 診察室から歩いて出て来たので、
本当にビックリしました!あの時の感動は忘れられません!
(いつも大人2人で運んでいたから)

そしてこの日から 胴輪で支えてやると、
しっかり排尿・排便できる様になりました。
切開がないので 回復も早いのかな?と思いました。
膿んだりする体質の犬なので、そういった心配も無く、安心でした。

 その後、1週間くらいは痛みが出たりしたので 痛み止め薬を飲ませました。
これは手術前、説明を受けていたので分かっていましたが、
実際なってみると 少し心配でした(^^;)

しかし 明らかに痛みが減った様で、
犬自身が「歩きたい」「外に出たい」といった意欲をモリモリ出し、
毎日1つは嬉しい発見!があり、確実に回復の手応えがありました。

術後2週間程で 短い散歩が普通にできて、
歩けなかったのが嘘みたい!な状態にまで回復しました。
ただ、病気が発症して 1ヶ月以上経ってからPLDDを受けたので、
治った後も 疲れたりすると、少し前足をびっこします。

 

誰もが 少しでも早く判断できる様に、
全国に「PLDD」という方法が根付いて欲しいです。
勿論 私は(絶対ワンコも!)PLDDを受けて良かったです!
手術前と後の説明を 時間をかけて丁寧にして下さる感じは、
もう 人間が病院で手術する時と同じでした。

 

あと、心配だったのは 入院中の食事(アトピーの為)です。
持ち込みの上、大変面倒な事を頼んだにも関わらず、
快く引き受けて下さったので、かゆみが一切出ずに退院できました!
スタッフの皆様、いつも感謝しています。直接言う機会が無くて 残念です…。

 

 

先生はいつも、曖昧な言い方をされません。
ハッキリ大丈夫と言って下さるので、いつも私の不安は吹っ飛びます。
きっと先生は沢山「大丈夫」を言う為に、
沢山の努力をされているのだと思います。
なのに診察に行ったら、いつも同じなんです(良い意味で)。
いつも同じに ゆったり優しい先生。
それって格好良すぎです(笑)

 

はりねずみ通信も同じです。
いつも真っ直ぐで 前向きで、私がどんな状況の時に読んでも、
同じ空気?テンション?で迎えてもらえるから、
ホッと気持ちが和らぐんです。
それに!私とPLDDを結びつけてくれた、大切な「窓」です。
「病は気から」とも申します。
かない動物病院に通う様になって、私がクヨクヨしなくなったせいか、
不思議とワンコの病気もグッと減りました。

 

そんな動物病院です(^_^*)

 

うわっΣ Σ (°0 ° )長くなって ごめんなさい~

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日