手術について

動物の身体への負担をできる限り軽減した手術法を

当医院の手術について

手術は、緊急を要する場合以外は予約制となっています。

当院では腹腔鏡・胸腔鏡外科手術をはじめ、PLDD(経皮的レーザー椎間板除圧術)、関節鏡手術、VITOMシステム(拡大視野による精密手術)などに取り組んでおり、その技術向上のため日々研鑽を積み、クオリティーの高い外科手術をめざしています。
手術内容については事前に、方法・費用・入院期間などについて詳しくご説明しております。

分からない点や心配な点などありましたらご相談下さい。

  • PLDDの特徴(経皮的レーザー椎間板除圧術)

    麻酔の安全性や注意点など、
    麻酔を使用するにあたっての、
    詳しいご説明いたします。

    詳しくはこちら

  • PLDDの特徴(経皮的レーザー椎間板除圧術)

    合併症をなるべく起こさずに
    早期の回復を目指すための注意点をご説明いたします。

    詳しくはこちら

不妊・去勢手術について

不妊・去勢の目的
  • 望まない妊娠を避けることができます。
  • 将来予想される子宮、卵巣、精巣、乳腺、前立腺やホルモン性の病気を予防することができます。
  • 問題行動を予防することができます。
不妊・去勢の欠点
  • 手術・麻酔のリスク
  • 手術後の肥満。(食事の管理で予防できます)

手術に適した時期は?

一回目の発情前に避妊手術を実施すると、乳腺腫瘍の発生確率がゼロになることがわかっています。
発情期は犬や猫の種類や体の大きさで個体差はありますが、当院では生後6ヶ月を目安にしております。
「いつかは避妊手術をしたい」と思われている場合は、行う時期が非常に重要なため、早めに相談ください。
オスの去勢手術は生後6〜8ヵ月をお勧めします。

このページの先頭へ

手術の流れ

1 ご予約 手術は月曜から金曜日に行っていますので、都合のよい日をお決め下さい。通常2−3週間先まで、
予約が詰まっていることが多いので、早めの予約をお願いいたします。
2 術前の検査手術が安全に行えるかどうか、術前に血液検査や超音波検査を行うことがあります。
3

手術のご説明 メスの避妊手術に関しては、通常の開腹手術か腹腔鏡による手術かを選んでいただきます。
詳しくは獣医師から説明いたします。

麻酔・手術について、術後の術後の注意点は、下記のページをご参照ください。

このページの先頭へ

手術・入院につてのよくある質問

小型犬ですが、手術は大丈夫でしょうか?

全身麻酔は、安全性高い麻酔装置を用い、心電図や血圧をモニターしながら、細心の注意を払って行っています。手術法も、できるだけ傷が小さく、負担が少ないように配慮していますので、ご安心ください。

高齢犬ですが、麻酔や手術は可能ですか?

心臓病や内臓疾患がある場合は、麻酔のリスクが高まりますが、麻酔がかけられない年齢はありません。切開を必要とする手術ができない場合は、PLDD(経 皮的レーザー椎間板除圧術)という選択肢もあります。痛みや麻痺を我慢して高齢期を過ごすよりも、それらの問題をできるだけ改善するほうがよいことも多い です。

このページの先頭へ
  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日