学会・研究会参加

九州大学内視鏡外科手術トレーニングセミナー スタンダードコース

開催日:2012.04.06〜7
場 所:九州大学内視鏡外科手術トレーニングセンター

2012.04.08

休みをいただき、九州大学内視鏡外科トレーニングコースのスタンダードコースに参加してきた。
最近はアドバンスコースや、関節鏡のコースに参加していて、基礎的なスタンダードコースへの参加は2-3年ぶりである。

基礎的なことがらをもう一度学んでみると、自分の技術の問題点がかなりわかった。
シミュレーターを使い、パソコンゲームのように鉗子操作を練習したり、トレーニングボックスで縫合・結紮の練習をする。
長い鉗子を使って、モニターを見ながら操作をするのだが、指導員の人がいろいろアドバイスしてくれる。今までできていると思っていたことが、細かい点では修正が必要なのがわかった。

針のつかみ方、右手首の回転、左手の動き。結び終わった糸の切り方まで。
普通に行えばできているように思っていた操作が、微細な点では雑になっていた。
正しい方法を教えてもらい、「なぜそうするのか」を説明されると納得する。
そうすることが手術の正確さや安全に直結するのである。

腹腔鏡手術はモニターに操作が拡大して表示されるので、非常に細かい部分まで見えてしまう。
だからこそ、細かい部分の指摘ができるわけである。
各医師が独自のやり方で手術を行っていたところを標準化して、より安全で正確な技術で手術が行えるよう、人の医療は進んできた。
だれもがトレーニングできる、という点が内視鏡外科のすばらしいところである。
「門外不出」(この言葉はきらい・・)の逆、と言えばいいだろうか。

そういう意味で、腹腔鏡外科に携わる医師はオープンマインドの方が多く、とてもフレンドリーである。だから、九州大学に行くのはいつも楽しみなのだ。

 

スタンダードコースの最後には、練習の成果を問われる難しいタスクがある。
ゴムの膜に描かれた円の外側と内側を連続縫合で縫っていくテストだ。
小さな点が打ってあり、そこに針を通過させながら、決められた順番に円周をぐるっと縫合する。
制限時間は7分。
円の左側を縫うときは、左手で縫わなければならないので、かなり難しい。

ちょっと自慢なのだが、私はそれを5分で縫った。
いままで1000人以上が参加してきたスタンダードコースで、このタスクを制限時間内に完成できたのは数人だそうなので、修了証書授与式の時ほめられて嬉しかった。

でも、まだまだ課題は多い。
がんばるぞ!

[引用元:はりねずみ通信

  • お問い合わせフォーム
  • よくある質問
  • 問診表ダウンロード
かない動物病院
兵庫県姫路市野里569-1
電話番号079-284-8172
病院案内
診療時間
9:00~11:30
×
16:00~19:00 × ×

※ 水曜日は外来休診
※ 院長(金井浩雄)は予約診療のみ(9:00~11:30、16:00~19:00)
休診 : 土曜日午後、日曜日